テーブルマナー

テーブルマナーをマスターしよう

食事の際にはマナーがありますが、これをテーブルマナーと言います。
食卓のテーブル上のマナーにちなんで付けられた名称で、普段の気軽な食事の際はもちろんあまり気にする必要はありませんが、ちょっと良い雰囲気のレストランなどではマナーが必要になります。
きちんと知っておかないと恥をかいてしまうこともあるので、社会人になった方は早い段階でマスターしておくことをおすすめします。

ここでは初心者の方が最初にマスターしておきたいテーブルマナーをご紹介します。
ぜひチェックしてほしいと思います。

テーブルマナーの基本をご紹介

テーブルマナーで大切なのは、まずはフォークやナイフを使う順番です。
レストランに到着してテーブルの席に着いてメニューを注文します。
すると、先にお皿やナイフ、フォークなどが先に並べられます。
そして、普段ならフォークやナイフは1本ずつで良いのに、レストランでは何本ものフォークやナイフが並べられます。

これはメニューによって使うカトラリーが変わるためです。
並べられたものをどのように使えば良いのか、初心者の方はここで迷います。
知っていればシンプルですが、外側から順番に使うのが基本です。
また、持ちやすいように並べられているので、基本は右手と左手ですぐに手に取れるものを取って順番に使っていくのが基本です。

間違っても中側のナイフやフォークを好きに取って使うということがないようにしましょう。
こうしたことをしてしまうとマナーを知らない方として、恥をかいてしまうことになります。

また、スープは音を立てて飲まないのが基本です。
日本ではずずっと音を立てて汁物を飲むこともあるかもしれませんが、レストランでこれをしてしまうと行儀が良くないとして注意されてしまいます。
また、日本ではお椀などを手にもって汁物を飲むことも多いですが、洋食のスープ類はスプーンですくって飲むのが基本です。
お皿を持って飲もうとすると、これもマナー違反になってしまうので気を付けましょう。

特にスープは残りが少なくなってくるとスプーンですくいにくいと感じるかもしれませんが、これも仕方がないことです。
必ずスプーンでスープを飲む習慣をつけておくようにしましょう。

最後に、スプーンやフォークを落としてしまったときです。
この時は自分で拾わなくて大丈夫です。
つい自分で拾ってしまおうと考えがちですが、これも高級なレストランではマナー違反となってしまいます。
スタッフの方を呼ぶと拾ってくれて、新しいものを持ってきてくれるので、それを待つのが正解です。

マナーをマスターして、恥ずかしくない食事を

このようにテーブルマナーは基本でも押さえておくべきことが多くあります。
ぜひしっかりマスターしておいてくださいね。