喫煙のマナー

嫌がられる喫煙のしかた

喫煙マナー成人して喫煙できるようになると、喫煙しなかった側でいた時のことは忘れがちです。
喫煙しない人から見て、嫌がられる喫煙のしかたを忘れないようにしましょう。

まず一番嫌がられるのは歩きタバコです。
嫌煙家であれば出歩いている時にすれ違うだけでも、タバコのにおいも嫌なものですが、それだけではなく歩きタバコでは、タバコの火がちょうど子供の目の高さに来ることもあり、単純に危ないという理由で嫌う人も多いです。
子供だけではなく、大人でも歩いている時に歩きタバコをしている人がいることに気づかず、うっかりぶつかって服や髪などにタバコの火が当たってしまう可能性もあります。
そうなれば予想もしないトラブルにも発展しかねません。
また、タバコのポイ捨てや禁煙と決められている場所での喫煙も当然嫌がられますし、食事中の喫煙も嫌われます。
これは、食事の香りがタバコの臭いで消されてしまい、風味が損なわれると感じる人が多いためです。
特に個人経営の小さな飲食店などでは、まだまだ分煙されていないために嫌だと思いながらも言えないという人も多くいます。

喫煙マナーを守って気持ち良く

最低限の喫煙マナーが守られていれば、非喫煙者と喫煙者が一緒にいてトラブルが起こることもなく、お互いに気持ち良く過ごせるようになりますので、気をつけたいものです。
最近では増税や喫煙場所の縮小など、喫煙者にとってはどんどん肩身が狭くなってきていますが、歩きタバコやポイ捨てのような基本的なマナーが意外と守られていないということも、喫煙者の立場を弱くしている要因と言えるのではないでしょうか。
きちんとマナーを守ることで、喫煙者のイメージを良くすることも大切だと言えます。

非喫煙者がいるところでもタバコを吸いたくなるのは仕方のないことですが、何も言わずに吸うのはマナー的に良くないので気をつけましょう。
非喫煙者の前では一言吸ってもいいか確認し、相手が喫煙者か非喫煙者か分からない時も、念のため確認するようにします。
この時、遠慮してほしいと言われた場合はそれに従います。
自転車に乗りながらのタバコも良くありません。
歩きタバコも危ないですが、自転車の場合はもっとスピードが出ていますので更に危険度が増します。
そしてタバコを消すときは完全に火が消えているかをきちんと確認しましょう。
万一、火が完全に消えていないのにそのままにしてしまうと、火事の原因になりかねません。
禁煙の表示があるところで吸ってしまう人も意外と多く、非常に迷惑をかけていることもありますので、屋外にしろ屋内にしろ、きちんと確認してから吸いましょう。
タバコを吸っている間、自分は火を持っているのだという意識を忘れず、タバコの煙の臭いが嫌いな人が多いことも意識するようにしましょう。
また、副流煙は吸っている本人が吸い込むよりも体に悪いので、特に乳幼児や妊婦のいる近くでは避けるようにします。