喪服のマナー

喪服の基本

元々、喪服は日本でも欧米諸国でも喪に服する遺族だけが着用するものでした。
それが、戦後になって葬儀が社会的な儀礼として位置付けられるようになり、冠婚葬祭のマナーなどが急速に普及したことから、参列者も黒を着用するべきである、という意識も広まって浸透したのです。
黒い腕章は、喪に服している喪主や遺族、親戚、世話役など遺族側の立場の人だけがつけます。
また喪服と言えば黒をイメージしますが、昔は白の喪服が主流だったため、今もその名残で遺族は白の喪服を着る習慣が残っている地域があります。

遺族の喪服マナー

本来、喪服は遺族でも葬儀や告別式の場でだけ着て通夜には略喪服を着るものでした。
ですが最近では通夜に参列する人が増え、喪服を着るのが一般的になりました。
そのため今では、通夜、葬儀ともに喪服を着る人がほとんどです。

男性の洋装の場合、ワイシャツは白で黒のフォーマルスーツ、ネクタイは黒無地でタイピンはつけず、ベルトや靴下、靴などの小物も全て黒にします。
通夜では喪服でなく紺やグレーのスーツでも大丈夫です。
葬儀、告別式での正装はモーニングコートですが、通夜は夜なのでモーニングコートはNGとなります。
和装の場合は、羽二重などの黒無地染め抜き五つ紋付の着物と羽織に仙台平の袴を着用し、帯は角帯にします。
女性の洋装は黒のフォーマルスーツ、またはワンピースで、夏は肌の露出を控えめにします。
服やバッグなどの小物の素材は、光沢がない黒で統一します。
和装の場合、冬は生地を羽二重か一越ちりめん、夏は平絽か紗にし、通夜では寒色系の色無地に喪帯着用でも構いません。

参列者の喪服マナー

過去の慣習では喪服を着るのは遺族や近親者のみだったこともあり、今でも遺族以外は地味な服装であれば良いという人も多いです。
通夜の場合は不幸を予測していたような印象を感じさせないために、と平服で伺った方が良いという人もいます。

男性の洋装は、黒のフォーマルスーツまたはダークスーツ、黒ネクタイを着用します。
和装の場合は、地味な色無地に黒喪帯を着用します。
女性の洋装の場合、黒のフォーマルスーツまたはワンピース、あるいは地味な色のスーツかワンピースを着てバッグ、靴は光沢のない黒で統一します。
ストッキングも黒が一般的ですが、突然のことに急いで駆けつけたという印象を与えるため、あえて肌色にするという人もいます。
和装の場合は、寒色系の色無地に喪帯、羽織は一つ紋付の黒を着用します。

いずれの場合もバッグや靴にエナメル素材や派手な金具があるものは避けます。
女性はパンプスの音が響かないよう気をつけましょう。
また、革や毛皮のコートは殺生をイメージさせるため避けます。
髪はまとめたりピンで留めるなどし、すっきり見せるよう整えます。
マニキュアは地味なもの以外は落としますが、どうしても落とせない理由がある時は黒のレースの手袋などで隠しましょう。
女性のアクセサリーは結婚指輪以外は外し、つける場合は真珠の一連ネックレス程度にします。
お洒落をする場ではないことを忘れずに、先方に失礼のないよう心がけたいものですね。