成人式振袖マナー

振袖で成人式に出席するなら

成人式では振袖を着る人も多いですが、普段から着物を着るという人最近ではあまりいませんし、振袖でも同じです。
着慣れないため振袖での立ち振る舞いを知らず、普段と同じ動き方をしてしまうことも多いでしょうが、振袖を着ている時には洋服と同じように考えてはいけない部分もたくさんあります。

気を付けたい振袖での立ち振る舞い

まず歩き方から意識する必要があります。
背筋をしっかり伸ばして真っ直ぐ前を見て、振袖の裾がはだけない程度の歩幅で、やや内股気味に歩きます。
おろしたての草履は鼻緒がきつめで足が痛くなりやすいので、事前に鼻緒に手を入れて引っ張り、伸ばしておいた方が良いです。
草履をいためないように、引っ張りすぎには気をつけましょう。
また移動時に車に乗る場合、足から乗り込まないようにします。
着崩れの原因にもなりますし、見た目も良くありません。
振袖で車に乗る時は、頭をぶつけないように気をつけながら、シートに浅く腰掛けます。
バッグを持っている場合は、シートの奥に置いたり、同乗者がいるなら預かってもらいます。
それから前席などに右手を添え、お尻を軸にし両足を揃えて身体を回転させて乗り込みます。
この時、帯がねじれないように注意します。
両袖をきれいに合わせて体の前で揃え、軽く手にかけます。
降りる時は、順番を逆にして足から降ります。
乗車中はシートの背もたれにもたれていると帯が崩れるので、もたれないようにします。
これは車だけでなく普通の椅子に座っている時も同じです。
着物の時は帯がつぶれてしまわないように、椅子の背もたれは使いません。
またソファーなど低い椅子に座る時は、裾が広がってしまわないように注意しましょう。
袖は床にすれないよう重ねて膝の上に置きます。

階段の上り下りで気を付けるのは、裾と袖です。
袖は重ねて左にかけ、裾を引きずらないよう右手で上前(着物の端)を軽くつまみ、足首やふくらはぎが丸見えにならない程度に少し持ち上げます。
袂を擦って汚さないように、焦らずゆっくり自分のペースで歩きましょう。
また、手を上げる時にも普段通りではいけません。
うっかりそのまま手を上げると袖口から腕が見えてしまうので、両脇をしめて上げる方の手首の袖口を反対側の手で軽く押さえます。

一番困るお手洗いの作法

振袖の時はできるだけ洋式トイレを使った方が楽です。
慣れない人は洗濯バサミを用意しておくと良いです。
洗濯バサミを使って両袖を半分に折って留めておきます。
袖はコンパクトにするのが、お手洗いのポイントです。
裾は振袖、長襦袢、裾よけの順に帯締めに挟みます。
襟元にファンデーションがついてしまわないよう、ハンカチなどを顎に挟むと良いでしょう。
トイレが済んだら裾よけ、長襦袢、振袖の順に整え直します。
手を洗う時も振袖を濡らさないように気を付け、洗濯バサミを使った場合は外すのを忘れないようにします。