お酒のマナー

お酒を飲めるようになったからこそ

お酒成人するとお酒を飲む機会が色々とあります。
友人同士だけでの飲み会なら、多少マナー違反があっても笑って許されることも多いですが、会社の付き合いなど目上の人との飲み会や恋人との飲み会などだと、少しのマナー違反で信頼を失ったり自分への評価が下がる原因になりかねません。
成人すれば誰でもお酒を飲めるようになりますが、だからこそきちんとマナーを知っているかどうか、節度を持った飲み方が出来るかというところで他人の自分へのイメージが変化することもあります。
お酒の席でのマナーはきちんと覚えておき、失敗しないように気を付けたいものです。

お酒のマナーと注意点

お酒を飲む時は、注いでもらうことから始まります。
その時にも勿論マナーは存在します。
注いでもらったら必ず一旦口をつけてからテーブルに置くのがエチケットとなっており、一気に全部飲んでしまったり飲まずにテーブルに置くのも良くありません。
また、お酌してもらう時は必ず盃を手に持って受けます。
なお、献酒とは目上の人から盃をいただくことなので、自分から相手に盃を差し出すのは失礼にあたるため気をつけましょう。
いただく時には「頂戴します」などの言葉を添えて両手で受けます。
他の人のグラスや盃が空になっていることに気付いたら、「何か飲まれますか」など声をかけるようにします。
お酌をする時は瓶の中程を右手で持ち、左手を軽く添えて瓶のラベルが上になるようにして注ぎます。
お酒を飲んでいて、強引に勧められた時は無理をせず、グラスに口をつける程度でかわすようにします。
また飲み会の席で無礼講だと言われても、本当に無礼になってしまわないように気をつけましょう。
出来れば、自分はビール何杯まで、ワインならどのくらいまで、日本酒は無理だ、など自分が飲めるお酒の種類、また種類によっての限度などを知っておき、それを超える量は飲まないようにします。

一気飲みは場合によっては呼吸困難など危険な状態を引き起こしてしまうため避けましょう。
またスポーツや入浴はお酒を飲む前後は、アルコールの分解が遅れるのでオススメできません。
飲酒前のスポーツドリンクも、血中アルコール濃度を高めるため避けます。
また、お酒を飲む2時間程前にコップ1杯の牛乳を飲むか、鶏の唐揚げを2~3個食べると酔いにくくなります。

知っておきたいお酒の種類と度数

お酒の種類によってアルコール度数が違います。
同じ種類のお酒でも幅があることも多いですが、ある程度知っておくことで自分が飲んだことのないお酒を勧められた時でも限度と照らし合わせて飲みすぎないようにすることができます。

チューハイのアルコール度数は3~5度程度です。
また、チューハイとサワーはほぼ同じ意味で使われています。
ビールは大体が5度程度です。
ワインは平均して14度程度、日本酒は15~16度のものが多いです。
焼酎は平均して25度程度、カクテルによく使われるウォッカは約40度、ウイスキーは約43度、ブランデーは40~50度ほどです。