成人内祝い

成人祝いをもらったら内祝いを

内祝い成人のお祝いをもらったら、大人の礼儀としたお返しをしたいですね。
成人前は何かいただいたとしても、親が代わりにお返しをしてくれていたでしょうが、成人してからは自分で出来る範囲のお返しは自分でやりたいものです。
ですが、初めてそういったお返しをする人も多いので、マナーや適した品物の種類など色々と分からないこともあります。

最近ではお返しのことを内祝い、と言いますが本来の内祝いとはお返しのことではありませんでした。
昔はお祝いごとがあった家が、身内や近所の人などに喜びを分かち合うためにお祝いの品を配ったり宴席を設けたりしており、そのことを内祝いと言っていました。
ですので本来の内祝いとは、お祝いの品をいただいているかどうかに関わりなく、おめでたいことがあった家が自発的にするものだったのです。
このことを知らない人も増えてきているため、ちょっとした誤解が生じることもあります。
内祝いを貰う側が本来の意味での内祝いの意味を知らず、本来の意味での内祝いが贈られてきた場合に、お祝いの品を贈っていないのに内祝いが来たのはお祝いを催促されたからなのか、と勘違いされてしまうこともあります。
またお祝いを贈っていないのに思いがけず高額な内祝いをもらってしまった場合に、あらためてお礼をする必要ができてしまうということもあります。
このような様々な行き違いやトラブルが起こることを避けるため、最近では貰ったお祝いに応じた金額を内祝いとしてお返しする、という考えが主流になってきています。

内祝いのマナーと贈る品物

では、内祝いを贈る時のマナーにはどんなものがあるでしょうか。
まず一番気になるのは金額ですが、いただいたお祝いの3分の1から半額程度を贈ります。
いただいた品物が高額な物であったり、調べても大体の値段も分からない場合は無理しない程度にお礼の気持ちが伝わるような品物を贈ります。
また、のしは紅白の蝶結びにし、リボンを付けたラッピングをする場合はのしは使いません。
表書きは内祝い、成人記念、御礼としてその下に成人を迎える本人の名前を書きます。
成人祝いの場合は内祝いは贈らなくても良い、とも言われますが贈る場合はお祝いの品物をいただいた日、または成人式から1ヶ月以内に贈るようにします。
内祝いを贈るのはお祝いをいただいてすぐでなくても良いですが、お礼の言葉は翌日までには伝えるようにしましょう。
品物を贈る時はメッセージカードなどを添えたり、親しい人には成人式の写真などを一緒に送るのも良いでしょう。

品物としてはタオルや石けんなどの定番の物や、自分で好きな物を選んでもらえるカタログギフトが人気です。
最近ではネットショップでも贈ることができます。
成人内祝い│大丸・松坂屋
こちらのサイトは有名百貨店の大丸松坂屋のネットショップで、内祝いやお祝いのギフトをメインにしていますので使いやすいです。
目上の人に贈る場合など、成人として初めての贈り物になる人も多いでしょうから、親御さんに相談してみるのも良いでしょう。