読書

読書はなぜ人気が高い?

読書というと、子どもだけでなく大人も積極的に趣味の1つとして、長く楽しんでいる方が多いです。

今では、読書をインターネットのみで行うこともできるため、「なぜ、書籍を直接読むのか?」と思ってしまう人もおられるでしょう。
ですが、読書には「純文学、歴史小説」といった、面白い作品が多いため、今でも読書の人気は高い状況なのです。

そのため、書籍を購入するという喜び、最後まで読み進めるという喜びを得たい・・・という方が現代でも多く存在し、そのような魅力についても、インターネットを通じて知られることが増えてきました。

純文学の魅力についてですが、純文学は「文章の美しさ」を堪能できるという喜びがあります。
難しい漢字が多いのですが、大人であれば辞書などを用いながら読み解くこともできますし、なによりも大人ならではの世界観が散りばめられているので、最後まで読み進めたくなる一品が多いとされています。

純文学には長い歴史もありますので、有名な作品を読み進めるだけで終わってしまうということもありません。
たくさんの作品を順序良く楽しめるという魅力も、純文学にはあるのです。

次に、歴史小説にも多くの魅力があるとされています。
近年では、「歴史に登場する戦争、神社仏閣」などを、読書を通して学んでいる人も増えてきました。
大河ドラマの影響であったり、歴史そのものの興味が高まってきているという背景があり、その人気はネットだけでなく、読書という趣味に対しても見られるようになってきたのです。

意外と日本という国を知っているようで、戦争などを通してどのように変化したのか、もしくは何気なく存在する神社仏閣の役割はなんなのか・・・ということを、歴史小説では学べるようになっています。

後は、最近になって注目が集まっている戦争、神社仏閣についても、特集する形でまとめてくれている歴史小説も数多く存在します。
そのため、あまり難しく考えずに読み進められるという魅力が、歴史小説にはあるのです。

現代ならではの読書の魅力

純文学、歴史小説のジャンル以外にも、読書そのものの魅力が散りばめられています。

例えば、現代では「ファンタジーもの」と言われているものが人気です。
ライトノベルというジャンルで販売されているのですが、ライトノベルのほとんどは漫画などで登場しそうな世界観であり、ファンタジーと言われている世界観で構成されています。
そのため、今までは漫画を読む形で作者の世界観を理解するという人が多くいました。

ですが、少しずつライトノベルといった、活字そのものを理解していく形で世界観を理解する・・・、という読書家が増えてきたのです。
なにより、ライトノベルはすぐに新しい作品が登場する、また書籍そのものが分厚くないということで、読書の経験がない人でも読みやすいという魅力があります。