油絵

奥が深い油絵の世界

油絵の魅力ですが、魅力は大きく分けて2つあります。

油絵の魅力その1は、「時間をかけて自分だけの作品を作れる」というところです。
白いキャンバス、油絵で必要となる道具類を用意した後は、自分の意思を絵に込めれば良いだけです。
意思を込めるというのは大変なことと思ってしまいますが、途中でやめたとしても問題ありませんので、自分が納得する範囲で油絵を完成させることができる、という魅力が油絵にはあるのです。

過去に絵を描くことを断念してしまった・・・という人でも、油絵であれば着実にゴールまで進めるため、近年では大人の趣味として人気を集めるようになりました。

油絵の魅力その2は、「個性が良く出る」ところです。
絵というのは、上手でなければ見られる作品にならない・・・という思いもあり、人によっては器用ではないため絵は描かないという人もいます。

ですが、油絵は「1本の花」を描いても問題ありませんし、「風景画」を油絵で表現されても問題ありません。
1本の花を描くのにかなりの時間を要するという人は少ないでしょう。
そのため、モチベーションを保ちながら油絵を続けることは難しくありません。

また、油絵は「あまり体が汚れない」という魅力もあります。
白いキャンバスに、「色付きシール」を貼り付けていく作業に等しい行為を繰り返すので、「液垂れ」のようなトラブルがほとんど起きないのです。
そのため、キャンバスの周りやパレットの周りが汚れ過ぎることも少なく、気軽に始めることができるという魅力もあります。

油絵の始め方

油絵の始め方ですが、絵の具を重ね塗りするだけで問題ありません。

筆、ペインティングナイフを用いて、先ほどの重ね塗りの失敗をごまかしながら進めたとしても、完成した作品には自分らしさが表れます。
水彩画ではありませんので、ベターっと塗り広げたとしても、液垂れのせいで風景画などがダメになってしまうケースも少ないです。

また、デザインセンスに自信が無いという場合は、油絵で必要となる道具類を購入する際に、有名な油絵の写真集を購入してみると良いでしょう。
もしくは、美術館で油絵を鑑賞してみるのも1つの手段です。
先ほどの写真集には、油絵で必要となるテクニックについても触れておりますので、初心者でも油絵のテクニックを身に付けることは難しくない、ということも学べるようになっています。

後、余裕がある際は「テーマ(主題)」を決めてから、油絵を描き始めるようにしましょう。
テーマがあると色使いなどが明確になりますし、どの程度まで進めたら完成と言えるのかも明確になります。
雑然と色を塗っているだけでは、色を塗り重ねているだけになるので、テーマを元にして全体的な色使いを把握することが大事です。