グランピング

グランピングの魅力

グランピングはキャンプとは違い、「キャンプで必要となるものが完備されている状況」でキャンプすることが可能です。

例えば、キャンプというと野外でバーベキューパーティーを開いたり、場合によっては「可燃物(乾いた木材)などを探す必要がある」ため、体力を要求されるものが多いです。
しかし、グランピングは「体力を必要としない」キャンプとなっています。
なので、体力に自信が無い大人の男女間では、このような楽しい遊び方を知って、少しずつグランピングにハマっていく人が増えているのです。

グランピングの場合、施設が用意されているので、そもそもキャンプで必要となるものを用意しないでも問題ありません。
「何も持ち合わせない」まま出かけても良く、水、食糧、生活空間が確保されている施設なども用意されているので、後はバーベキューパーティーであったり、もしくは、近くの山、川などで楽しい時間を過ごしても良いという仕組みになっています。

最近では、若い男女でグランピングを楽しむというケースも増えてきました。
というのも、「多人数で利用した場合は割引の対象」となりやすいからです。
キャンプとは違い、生活空間が確保されている施設が存在しますので、1つの施設を数人で利用するのも難しくありません。

キャンプの場合、テント1つでは2、3人しか入れない、生活できないため、参加人数によってはトラブルが生じました。
しかし、グランピングの場合は参加人数が適切に定められているので、参加人数の制限を超えない限りは、多くの人を誘ってワイワイと騒ぐことができるのです。

しかも、グランピングは「自然を満喫できる」という魅力があります。
そのため、グランピングで利用することになる施設全体のパンフレットも存在するので、土地そのものを把握して、安全に遊べる場所を理解する必要もありません。

施設の周りにはどのような快適な遊び場があるのか、もしくは、多人数でサイクリングするのにうってつけの場所はどこなのか・・・も、パンフレットに記載されているのです。
キャンプと比較すると、「まったく手間がかからない、心配事が少ない」という魅力が、グランピングには詰め込まれています。

誰でも簡単に始められる

グランピングは「お手軽なキャンプ」と思って問題ありません。

なので、グランピングを楽しめる施設の周りには、キャンプ中に必要となる道具類が販売されていますし、水なども料理で使用する水、もしくは健康に良いミネラルウォーターなどが売られています。
そのため、持っていくものは「遊びで使用するもの」くらいです。
サイクリング、もしくは川遊びを楽しみたいという場合も、必要となる道具をレンタルショップでそろえるだけで問題ありません。