ゴルフ

社交の場にもなる「ゴルフ」

カッコいい大人、いけている大人像を考えた時、思い浮かぶのがアスリートや芸能人の姿です。
彼らの多くは本業の仕事をこなしながらも、趣味や遊びも両立し、充実した毎日を送っているように感じさせます。
また会社経営者なども10代からすれば非常にいけている大人像だと言えるのです。

アスリート、芸能人、会社経営者などのプライベートを垣間見るテレビ番組がよく放送されています。
彼らはこぞってプライベートにゴルフを趣味とし、社交の場としているのも特徴的です。
彼らの生活パターンや趣味を同じくすれば、自分もいけている大人、すなわち成功者になれるのではないかと感じるものです。

賢いお金、時間の使い方を

確かに成功している人、カッコいいと思う人、憧れている人の生活パターンや行動を真似ることは非常に大事な事なのです。
お金をもっていないから、収入がすくないからといって卑屈になって、分相応の生活をしていても何もメリットや成長はありません。
むしろ蓄えたお金をはたいて、ゴルフバックや道具、ウェア、会員権などを購入し、そうした世界に思い切って飛び込んでみることも大事なのです。

このスポーツを嗜む人は、多くは富裕層や成功者であることが多いのです。
カントリークラブを借りたりするのも、会員権を買うのも大変費用がかかることであり、一般サラリーマンがみなこれを趣味にして、頻繁にカントリークラブに通おうとは思わないです。

しかしそれこそが盲点であり、チャンスでもあるのです。
普通の人が思わないことにチャレンジして入り込み、こうした富裕層や成功者との接点を持てるように自分を持って行くことで、自分より上のハイクラスな人とのコネクションを広げ、そこから様々な価値観、感性、思考などを学び自分の血肉としていくことができるのです。
ものの考え方、思想、信条が富裕層や成功者に傾倒すると、必然と自分の行動パターンも変わってくるかもしれません。

今までなら仕事が休みの日はテレビゲームに明け暮れていたのに、休みができたら自己啓発セミナーに通うようになったり、投資の勉強をするようになったりと生活が一変していきます。
また生産性の感じられない時間の使い方をしなくなり、お金を大切に扱うようになり、無駄遣いしなくなったりするのです。
何が大事で何を優先すべきか、またムダをどう省くかと言ったことに常に頭を使うようになり、クレバーでスマートな大人になることは間違いありません。

いけている大人、すなわち成功者になるには、ハイレベルな人々が集うゴルフなどに投資し、自分を高める手段にするのも良いことだと言えるでしょう。