犬の飼育

わんちゃんとの楽しい生活を獲得するには?

犬の飼育ですが、まずは「好みのわんちゃん」がどのようなわんちゃんなのか明確にしておきましょう。

わんちゃんの種類は多いので、犬の飼育以前に好きなわんちゃんを選び出すのが大変・・・という方もおられるでしょう。
そのような場合は、「どのようなサイズのわんちゃんが好きなのか」明確にするところから、自分の好みを理解すると良いです。
次に、「良く吠えるわんちゃん、あまり吠えないわんちゃん」のどちらが好きなのか選びます。

犬の飼育を行う上で忘れてはいけないことに、「近所迷惑を考慮する」という重要な判断材料が存在します。
そのため、家が密集している地域、すでに犬を飼っている家で騒音迷惑といった問題が浮上している・・・かどうかも、前もって調べておくと、犬を飼育するようになってからのトラブルが軽減します。

また、犬の飼育そのものは小型犬、大型犬でも大きな変化がありません。
というのも、犬の飼育の前にブリーダーなどを通じて犬の購入を検討する方が多いからです。
拾ってきたわんちゃんであれば「しつけが大事」になるのですが、ブリーダーなどを通じて購入されたわんちゃんであれば、「しつけが完了」していることが多いです。

ブリーダーといった犬の飼育を専門的に行っている人は、「犬種、犬のくせ」を見抜いているので、購入前にどのようなわんちゃんなのか聞いておきましょう。
犬の飼育で重要なのは、しつけが完了している場合も、「飼い主のほうが立場が上」という状況を作り出すことです。
なので、餌をあげるにしても「あげすぎてはいけない」、叱るにしても「叱った後にほめてあげる、頭をなでてあげる」という行為の必要性を、ブリーダーなどを通じて知っておくことが大事です。

これらを正しく守れるという人であれば、小型犬、大型犬のどちらを選んだ場合でも、自分の生活に合ったわんちゃんとの楽しい時間を過ごせるでしょう。

大人としての判断も大事

補足となりますが、犬の飼育だけでなく「ご近所との付き合い」も考えて、上手に犬の飼育をするようにしたほうが良いです。

例えば、しつけを繰り返しても良く吠えるというケースでは、もしかすると「ストレスが溜まっている」のかも知れません。
なので、単純に吠えたいので吠えている・・・と理解せず、ブリーダー、もしくは獣医を通じて、犬の飼育をもう1度勉強し直したほうが良いです。

このような飼育を欠かさず行っているだけで、犬というのは主人の愛情を良く理解できるようになります。
わんちゃんに問題がある際は、わんちゃんの問題と考えるのではなく、「環境の問題」も考慮して、わんちゃんと楽しく過ごせる時間を少しでも増やしていきましょう。