クレイアート

大人でも楽しめるクレイアート

近年では、大人であっても趣味の世界を楽しんでいる人が増えています。

そんな趣味の世界で、「クレイアート」という趣味が少しずつですが着実に人気を高めています。
クレイアートにはどのような魅力があるのか?と思ってしまいますが、クレイアートを楽しんでいる人のほとんどは、「失敗しない楽しい遊び」ということでクレイアートを楽しんでいるようです。

例えば、クレイアートのほとんどは「粘土遊びの延長線上にある趣味」です。
そのため、好きな粘土を「軽量樹脂粘土、樹脂粘土、石塑粘土、紙粘土」・・・、といった粘土の種類から選び、後は好きなものを粘土で作るだけで問題ありません。

人気の高い粘土は油性粘土と言われている粘土です。
クレイアートでも良く利用されるのですが、油性粘土は油性という特性を持っている粘土なのですが、それほど油っぽさを感じない作りになっています。
過去では、油性粘土を使っていると指のすき間に粘土がくっつく・・・という問題もありました。
しかし、今では指にくっつかない油性粘土が多いため、気楽にクレイアートを楽しめるようになったのです。

また、クレイアートは「色付きの粘土をこね合わせる」ことも可能となっています。
なので、食べ物などをクレイアートで作るということも可能なのですが、クレイアートで使用する粘土のほとんどは安価なので、もしミスを繰り返してしまったとしても、それほど大きな出費にはなりません。

大人であれば、長く楽しめるという魅力がクレイアートには詰まっているのです。
最近では、インターネットに完成したクレイアート、クレイアートの作成手順を掲載している人も増えていますので、そのような作品を見てモチベーションを上げている人も増えています。

クレイアートを始めるには?

クレイアートの始め方ですが、「体験講座」を通して一般的な技法を身に付けることが大切です。

一般的な技法とは、粘土をこね合わせる際に粘土を傷ませない混ぜ方、そして、多種多様な粘土の相性を理解することです。
粘土の中には、中々くっつかないタイプの粘土もありますので、多くのパーツを用いてクレイアートを完成させる場合、使用したほうが良い粘土を把握しておいたほうが、無駄な時間を使うことなくクレイアートが完成します。
体験講座は年に何度も行われていますので、ある程度、腕が上がってからさらに役立つレッスンを受けるということも可能です。

まとめてレッスンを行っているケースもありますので、一気にクレイアートの技術を習得したいという人は、そのようなレッスンを受けてみるのも良いでしょう。
今では多くの大人がクレイアートを始めているので、レッスンに参加するだけで多くの人と知り合うことも可能です。